○○のお店


Facebookページも宣伝
文字サイズを変える
文字サイズ大文字サイズ中

 補聴器

 
 
当店では認定補聴器技能者が在籍しています。
防音室を完備しお客様ひとり一人の聞こえを確認し、言葉の聞き取りチェックを行います。

その結果を元におすすめの機種を選定します。
補聴器は、それぞれの生活環境に応じて調整し、ご本人の慣れ具合と相談しながら定期的な調整が必要だと考えます。
その他、機械のメンテナンス等お掃除などのちょっとしたことでも気軽に立ち寄れる地元の補聴器専門店をおすすめします。
 
 

難聴はどうして起こるのでしょう?

 
人の耳は、外側から外耳、中耳、内耳の3つに分けられます。
音は外耳道から鼓膜、耳小骨、蝸牛へと伝わります。蝸牛では音を電気信号に交換され聴神経を通じて脳に届きます。
耳の中のどの部分に原因があるかによって、難聴の種類や程度が違ってきます。
 
 
 
「音を伝えるところ」の障害
中耳炎などで鼓膜に穴があいたり、耳小骨(鼓膜と中耳をつなぐ小さな骨)の動きが悪くなるなど、音を中耳に伝える外耳及び中耳の部分に障害が生じるために起こる難聴です。
音が伝わりにくくなっただけなので、補聴器で音を増幅して伝えれば比較的よく聞こえるようになります。
 
「音を感じるところ」の障害
中耳から音の振動を電気信号に交換する中耳、その信号を脳の中枢に伝える聴神経あるいは、脳に生じた障害の為に起こる難聴です。
加齢による難聴も感音難聴の一種です。

※内耳、聴神経、脳は届いた音を分析し、脳と共同で「聞きたい音」や「聴きたくない音」など意思を含めた処理が行われます。
これからの機能障害による難聴は、音を増幅するだけではうまく聞こえませんので、補聴器も音質や音の出し方を細かく調整しなくてはなりません。
 
 
「音を伝えるところ、感じるところ」の二つを併せ持つ障害
 伝音難聴、感音難聴それぞれの原因をもった難聴です。


 

製品紹介

 
 
スターキーイージーフィット

補聴器利用者の不満の多くは「ピーピー」というハウリングでした。
スターキーの補聴器はこの「ピーピー」ハウリングをお大幅にカット。
業界最高レベルのフィードバックキャンせレーション機能を開発。
補聴器のハウリング(ピーピー音)を除去しお客様は快適に補聴器を使用できます。
オープンフィッティングにおける非常に複雑なハウリングもリアルタイムに適応します。

●使用電池:PR536(10A)
※XS,S,M,Lの4サイズから適切なものをお選び頂けます。


軽度〜中等度

片耳価格:60,000円

 機能特徴

8チャンネル/12バンド

アクティブ フィードバック インターセプト:16のサブバンドで「ピーピー」という不快な音を発生する前に除去します。

音響認識:周囲の状況が変わってもスムーズかつ自然に音を調整し、言葉の聞取りを助けます。

お知らせ音:電池の交換時期など、補聴器の状態をわかりやすい音でお知らせします。

アクティブお知らせ音:周囲の騒音の状況によって、お知らせ音の大きさが変わります。補聴器から大切なお知らせを逃さずキャッチできます。

オートマチックホン:電話の聞き取りに適した音質設定に自動的に切り換えます。
 

RICシリーズ

 
従来の耳かけタイプよりも本体を小さくしチューブも細いので見た目も気になりにくくさりげなく使用することが出来ます。
軽度〜高度難聴までカバーできるパワフルな機械です。

RIC(リック)タイプとは耳栓部分にスピーカーが内蔵されていて直接鼓膜に音を伝えるのでより鮮明な聞こえを得られます。

こもり感のないオープンフィットにも対応し、補聴器に対するイメージも変わると思います。

 
●PR41電池使用

軽度〜高度
一台価格:スタンダードタイプ120,000円
       ハイエンドモデル 380,000円
 

耳穴式タイプ

 
当店では一番選ばれている耳穴タイプです。
耳型を採取し耳穴にピッタリと合わせてお作りするので音漏れがなく最適な聞こえを誂えます。

既製の耳栓では安定感が悪くなる可能性もあり、音が漏れていたりするとしっかりと鼓膜に音が伝えられない事もありフルオーダーメイドの機種をおすすめしています。
 
●使用電池はサイズにより異なります

軽度〜重度
一台価格:スタンダードタイプ120,000円
       ハイエンドモデル 425,000円
 
 
 
 
 
  COPYRIGHT(C) OPT IZAWA ALLRIGHTS RESERVED.